引き出物でカタログギフトを贈るときには相手のことを考えて選ぼう

展示会で確認する

贈り物

引き出物を選ぶときには、実際に見て確認するとカタログとのイメージのズレを無くすことができます。展示会では、写真を撮ったりメモを取ったりして引き出物の特徴をまとめておくといいです。

もっと見る

初めての電報

招待状

電報を初めて贈る人は言葉に気をつけましょう。使ってはいけない言葉があるので、インターネットなどでどのような言葉が使ってはいけないものなのか一度確認しておいたほうがいいです。

もっと見る

地域で相場が違う

花

引き出物は地方によって相場が異なります。ある地方を比べると2倍もの差があることが分かります。また、ご祝儀制でなく会費制のところでは相場が安いです。例えば、会費制だと2000円ほどで済んでしまいます。

もっと見る

色んなカタログがある

ギフト

最近では結婚式のお返しとしてカタログギフトが贈られることが多くなってきています。様々な商品が載っているので、カタログギフトをもらった人は好きなものを選ぶことができます。これがカタログギフトのメリットといえるのではないでしょうか。載っている商品が多ければ多いほど好きなものを見つけられる可能性が高くなるので、カタログギフトを結婚式のお返しとして贈るのであれば、掲載商品が多いものを贈るといいです。もらう人のなかにはお皿や洋服などは実際に見てから購入したい人がいるはずです。そのような人にはグルメのカタログギフトを贈るといいかもしれません。グルメであれば実際に商品を見なくてもある程度の味は想像できるので、そういった理由で食品のカタログギフトを選ぶ人も多いです。カタログを扱っている会社は多いですが、そのなかで年齢層に合わせたカタログを用意している会社もあります。年齢層によって好むものが異なるので、自分と歳が離れている人の好むものというのが分からない人もいるでしょう。そんな場合は年齢層に合わせたカタログを選べばあまり外れることはないです。
価格が同じでも全く異なる商品を扱っていることがあるので、どのような商品が載っているか確認しましょう。やはり高くなればなるほど良い商品がそろっています。購入するときにカタログギフトの価格だけを見てはいけません。システム料を料金の中に含んでいる会社もあるので、総額でいくらなのか確認してから購入するようにするといいです。