引き出物でカタログギフトを贈るときには相手のことを考えて選ぼう

初めての電報

招待状

結婚式に参加できないときには電報でお祝いの言葉を贈ることができます。手紙だけでなくぬいぐるみをつけたりバルーンに貼り付けたりして贈れます。しかし、初めて電報を利用するとなるとどのように贈ればいいのか、いつまでに贈らなければならないのかなど知らないことが多いはずです。なので、電報について紹介をしたいと思います。まず重要なのが結婚式の電報では使ってはいけない言葉があるというのを知っておいたほうがいいです。どのような言葉があるのかというと、「切れる」や「別れる」、「たびたび」などがあります。これらの言葉には別れるようなイメージや再婚のイメージがあるので使ってはいけません。そのような言葉が使われていないか何度も確認するようにします。
電報を贈るときには最低でも結婚式が開始される1時間前までには届くようにします。電報は結婚式の途中で読み上げられるので、なるべく早めに届けるようにしたいものです。そうしないと贈っても読みあげられないことになりかねません。結婚式の日にちが分かっているのであれば早めに準備をすることが可能です。会社によっては早く申し込みをすることで割引を受けることができます。また、時間指定をしたいときに当日だと間に合わないこともあるので、時間指定をしたいのであれば前日までにするといいです。宛名は新郎新婦の名前にするのが一般的ですが、どちらかとしか接点がないことがあります。そのようなときは一方の名前を宛名にするのですが、新婦に贈るときには旧姓にするのが普通です。入籍済みであれば結婚後の姓でも問題ありません。